道場案内

熊本支部の概要

熊本県支部は、2007年・2011年に開催された「全日本ウエイト制空手道選手権大会(重量級)」、2008年に開催された「全日本空手道選手権大会(無差別)」にてチャンピオンに輝いた谷口誠が2012年に熊本県支部の支部長に任命され発足した支部です。
現在県内16の道場で活動を行っています。(※2013年12月現在)

熊本県支部では4歳から60代までの幅広い年齢の方が稽古に励んでいます。極真空手を通じて「精神・肉体強化」「健康維持・ダイエット「少年部の礼儀作法・いじめ対策」など健全な心と体を育成し、それぞれの目標に向かって日々努力精進していきます。

現在、谷口誠支部長は山ノ神本部道場で基本動作をマスターするまで「親切・丁寧」に指導を行っています。お気軽に見学・体験へお越しください。

極真会館 熊本県支部

〒862-0915 熊本市東区山ノ神2丁目13-23  Google Maps
TEL 080-5797-7251 / FAX 096-221-9608

稽古スケジュール

クラス特徴

少年1部(幼年~低学年)
空手を通して、運動の楽しさ、挨拶、物を大切に扱う気持ちを育てる。
初めて運動を始める子が大半だと思われるこのクラスですが、この一番最初に習う動きは一生の運動に関わってくる大変重要なものです。空手の動きや細かい動作に重点をおくよりも、まずは身体を動かす【楽しさ・喜び】を知ってもらうこと、運動を好きになってもらうことを目的としています。また、「お願いします」「有難うございました」など、元気良く挨拶が出来たり、感謝の気持ちを言葉で言えるようになることや、道場の掃除、片付けなどを通して、物を大切に扱えるよう指導していきます。
少年2部(中学年~高学年)
空手の基本動作~応用を学びながら、自分で考えて行動できる力をつける。
運動が「好き」「嫌い」「得意」「苦手」といった意識が出てくる時期です。身体にも少しずつ変化が表れてきます。この時期に大切な動作の基礎から、応用的な動きも学んでいきます。このクラスも少年1クラスと同じく、元気な挨拶、礼儀作法を身につけることを大事にしています。また各学年が混じることにより、集団の中での各自の責任感を感じて動くことも覚え、他人への「目配り、気配り」をしながら、自分から行動が出来るように指導していきます。
一般部
健康的に強くなる。ストレス解消も!
細かなポイントをしっかり抑えながら、身体を大きく満遍なく動かすことで、心身の向上を目指します。また声を出すことで、自分で自分を発奮させることだけでなく、ストレス発散も目的としています。少々キツい稽古をすることもありますが、各自の体力や技術に応じて動いていただいています。20代から少しずつ落ちていくといわれている筋力ですが、鍛えていけば、身体はいくつになっても進化します。筋肉の増強はもちろんのこと、運動や生活に必要な筋力の強化や維持を目的とし、他にはない独自のトレーニングを行いながら、健康的にストレスを溜めずに、身体を目覚めさせましょう!
一般ソフトクラス
落ちやすい筋肉を鍛えながら、楽しく元気に強く!
初心者の方、年齢を重ねて一般稽古についていけるか不安な方、いま一度基本動作から学びたい方のためのクラスです。体力が落ちてきた、昔のように身体が動かない....等々、年齢を重ねていけば必ず身体に表れてきます。が、筋は小さくなっているだけで、無くなってはいません。身体をきちんと使うことで、筋力は向上し、柔軟性も出てきます。ストレッチは器具を用いたり、ペアで行ったりと、無理なく効果が出るよう行っています。
少年 ・ 一般選手クラス
各大会で優勝を狙う!
ミット・スパーリング・補強を中心に行うクラスです。
毎年行われる全国大会・国際大会、4年に一度行われる世界大会を目標に稽古をおこなっていきます。
pagetop